プログラム終了恐怖症

アフィリエイト活動において、成果があがっているプログラムが終了する時ほどやるせない気分になることはない。
それに、突然の料率引き下げもショック・・・

以前、アフィリエイト商材として人気のあったスカルプD。
まだTVでCMをやってなかった頃、料率20%でかなりおいしい商材だった。
CMが始まってメジャーになった途端、ほどなくしてプログラム終了。
かくしてドメインまで取って作った商品サイトはただのゴミとなり。
後から考えてみれば、TVCM進出への踏み台にされた感じだけど、これがアフィリエイトの宿命か。

JANetだったか、1成果700円のお茶の試供品プログラムがあった。
確か送料のみでサンプルを送ってくれるというものだったかな。
月2万以上の収入になっていたが、もう少しで3万というところで終了。
このサイトも見事にゴミ化。

A8で、1成果800円という運転免許資料請求プログラムがあった。
地域キーワードで集客して月2万ほどの成果があがっていたが、教習所業界が不況になり、あっけなく終了。
サイトはこのプログラムに特化して作ったものではなかったので、今はアドセンスサイトとして稼働。

2006年頃、SHOPJAPNでけっこう成果があがっていた。
当時の料率は20%で、価格1~2万円ぐらいの商品が毎日いくつか売れていくもんだからホクホク状態。
その後、あのビリーズブートキャンプが大ヒットしたあたりから料率10%のものが多くなり、結局全商品が5%まで下がったかな。
今は、商品を購入した上でレビューしている人は高料率で、その他大勢は5%かと。
特化して作ったサイトは放置状態。

他にもあるけれど、ショックの大きかったものをあげてみた。
自分が取り組んでいい感じになると・・・終了。
これは祟りか・・・

この突然の終了がトラウマになり、当面の終了がない?楽天とYahooに今は取り組んでいるんだけれど、高報酬のASPプログラムにも挑戦しないと、やはり今後の大きなランクアップは望めないだろう。

ところで、最近好調のA8ではやはり終わるとショックを受けるプログラムがある。
そこが終了した場合、広告自体は他のものに置き換えればすむ話なんだけれど、そこからはなぜか個別料率をもらっているんで、大きな収入減は避けられず。

ということで、今日も不幸のメールが来ないことを祈りつつ・・・

「○○年○○月○○日をもちましてプログラムを終了させていただきます。
今までご協力ありがとうございました。ヘッヘッへ。」

(末尾のヘッヘッへは当方の被害妄想です。)

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ