ノスタルジックな気分になった件

アフィリエイトでちょいとノスタルジックな気分になったっていう話。

アフィリエイトを始めた2005年頃に作ったHTMLサイトを久々に見てみた。
いわゆるパワーサイトっていうやつで、アフィリサイトを持ち上げる目的で作ったコンテンツサイト。
3ヶ月ほどの間、毎日相互リンク依頼をやって、無理やりリンクを集めまくったのが懐かしい。
何ヶ月ぶりかで見てみたら、ページランクが4に戻っていた。
これはちょっと嬉しい。
公開当初は4がついたんだけど2年ほどで3にランクダウンし、ここ何年かずっと3のままだった。
先月来たペンギンの置き土産だろうか・・・

ついでにリンク集のリンク切れを修正することにした。
当時入っていたアフィリ塾の指導で作ったサイトなんだけど、同じ塾生との相互リンクがけっこうある。
ちょっと懐かしい気分になって、リンク先を覗いてみることにした。
予想はしていたけど、やめてしまった人のなんと多いことか・・・
たいていはページランクが3とか4なんで、中古ドメインとして売買されたところがけっこう多いみたい。
趣味などのコンテンツサイトだったはずが、美容やら転職やらのアフィリサイトにそっくり入れ替わってる。
でも、美容やらならまだいい方で、他人に言えないような悩み?(いわゆるあっち系)のサイトとか、果てはロト6からデアイ系まで・・・
ここまでくると、こちらのサイトの評価にも影響しそうな気が・・・(汗)
同一所有者と思われる引っ越しサイトが10数個あったり。
それから、サイトタイトルは変えずに、中身がそっくり別物に入れ替わってるものとか、トップページのコンテンツは残した上でサテライト化されているものとか。
中でも、サイトタイトルがペット関係なのに、コンテンツが醜聞的芸能ネタだったりするのにはさすがにふいた。(笑)
もちろん、リンクは即外した。
危うく見逃しそうになったものもあるけど、まあいろいろ考えるもんだなぁ。(笑)
ひょんなことからドメイン売買の実態を身をもって知ることに。
面倒でも定期的なチェックが必要。(当たり前か)

そういや六本木ヒルズだかでやったその塾のセミナーに参加したのが懐かしい。
作ったサイトは知っていたけど、作った本人と会うのはその時が初めてっていう感じだったけど、これにはけっこう新鮮な感動があった。
しかし、今はアフィリエイターとして生き残っている人がほとんどいないという現実はさすがにちょっとさびしい・・・
そういう自分のサイトもフッターのコピーライト表示の隣に書いてある年度が2008年のまま。

「こっちはまだ生きてるぞ~」という意思表示の意味を込めて、とりあえず2013年に修正。
自分と同じように、誰か見てくれる人がいることを祈りつつ・・・

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ